【竜王戦使用構築】アメモース展開グラードン軸【最高1738】

竜王戦お疲れ様でした。ルールがやってて楽しかったので簡単に使用構築を書き留めておこうと思います。

 

以下常態

 

使用した並びはこちら

最高1738最終1690くらい

f:id:poke_gu:20171204011630p:plain

 

 

【構築経緯】

グラードンが有利対面を取った時の圧力に注目し初めはとんボルチェンによって複数回有利対面を作り負荷を与えていく構築を目指したが上手くまとまらず、グラードンを通していく構築を考えた。グラードンを通す上で死に出しから負けてしまうネクロズマや道連れゲンガー、グラードンミラーが面倒だったのでねばねばネットから展開することにした。

 

【個別紹介】

アメモース@きあいの襷

性格:臆病     特性:威嚇

157(92)-×-102(156)-121(4)-103(4)-145(252)

シャドーボール、凍える風、ねばねばネット、吹き飛ばし

HB:威嚇込み特化ミミッキュのミミZ+影うちを両方最高乱数以外耐え

      メガガルーラ猫騙し+3色パンチ耐え

本構築のMVPで選出率は9割近い。威嚇によるS判定、こごかぜねばねばネットによりグラードンのための場づくりをする。初めはねばねばネット役としてペロリームオニシズクモ、ツボツボ、アブリボンも考えたが素のSの高さや、吹き飛ばし、凍える風を評価してこいつを採用した。トリルやジオコンを吹き飛ばすのは無茶苦茶気持ちよかった。

 

グラードン@紅色の珠

性格:臆病   特性:日照り→終わりの大地

175(0)-×-180(0)-202(252)-111(4)-156(252)

噴火、火炎放射、大地の力、竜の波動

構築の圧倒的エース。アメモースで相手のSを下げた後で晴れ噴火で全てをなぎ払う。竜の波動はめざ氷と迷ったが、デルタストリームなどを考慮して竜の波動にした。エースといいながら耐久もあるので殴り合い性能や後出し性能もあり優秀だった。

 

ブラッキー@食べ残し

性格:図太い   特性:シンクロ

201(244)-×-178(252)-80(0)-150(0)-87(12)

イカサマ、欠伸、願い事、守る

レックウザネクロズマへのクッション役として採用。Sはミラーが多発すると考えそれ意識の12振り。欠伸+願い事+守るは強力でグラードンで倒し切れなかったりレックウザ入りに対しては大体こいつで詰めていた。願い事から引くことで後続を受け出した時の負荷を減らせるのもgood。間違いなくこのルール最強ポケモンの1匹だろう。ムンボ色A0理想ブラッキー超カッコよかった。

 

ボーマンダボーマンダナイト

性格:無邪気   特性:威嚇→スカイスキン

171(4)-188(180)-151(4)-149(68)-99(0)-189(252)

捨て身タックル、流星群、大文字、羽休め

C:大文字でH252ナットレイが確定1発

  流星群でH4振りメガレックウザが確定1発

グラードンが弱いレックウザボーマンダに対して強いメガ枠として採用。採用理由から最速流星群は確定、最大打点としての捨て身も切れなかったので無邪気両刀型での採用となった。羽休めは物理グラードンやサイクル戦を意識して入れてみたがあまり使わなかったので素直に地震でも良かったかもしれない。選出率は高くなかったがネットと合わせて抜き性能はあり、腐ることは無かった。

 

テッカグヤ@バンジの実

性格:慎重   特性:ビーストブースト

204(252)-122(4)-144(164)-×-145(84)-82(4)

ヘビーボンバー、地震、宿り木の種、守る

フェアリーや地面に対するクッションとして採用。ヘビボンと宿り木は確定で後述するミミッキュの呪いやブラッキーの欠伸とも相性の良い守る、ツンデツンデや相手のグラードンに対して撃てる地震を採用した。シングルの流用個体なので調整はもう少しD方面を熱くしても良い。スカーフテテフやゼルネアスに対する駒としては活躍したがカイオーガなどが構築単位でキツかったのでナットレイとかでも良かったかもしれない。変えるならこの枠。

 

ミミッキュミミッキュZ

性格:陽気   特性:化けの皮

131(4)-142(252)-100(0)-×-125(0)-162(252)

じゃれつく、呪い、身代わり、痛み分け

耐久ポケモンへの崩しやストッパーとして採用。グラードンカイオーガの上を取りたく、ミミッキュミラーに強くなるように最速。火力はミミッキュZによりある程度出せる様になったため大して困らなかった。挑発や影撃ちが欲しい場面も多く、技に関しては一考の余地あり。大会中に技を変えさせて欲しいと何度思ったか分からない。

 

【総括】

用事や個体準備の関係で最終日まで潜れなかったが25戦で1700までは行けたので構築自体は悪くないと感じた。しかし、イベルタル入りに対しての展開を練り切れていなかったり、トリックルームを防ぐ手段が少ないことなどがあり1700帯では伸び悩んでしまった。また、試運転をほとんどしてなかったせいか選出があやふやになってしまったところがあったのが悔しく、勿体なく感じた。アメモース展開を出来ない時の選出をもう少し練りたかった…。結果は振るわなかったがルール自体はとても楽しかったのでまたインターネット大会やスペレで似たようなのがあれば是非やってみたいと思う。

最後に構築相談&共有してくれたふぇう君、対戦してくださった方ありがとうございました。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

 

質問等ありましたら@poke_gu までお願いします。

【S6シングル使用構築】受けループ的ゲンガースタン【最高2050/最終2032】

こんにちは、GUです。SM最終シーズンとなったシーズン6お疲れ様でした。今期はTNみさくらりんで潜ってました。マッチングした方対戦ありがとうございました。以下シーズン終盤において使用した構築の構築記事となります。見ていただければ幸いです。

 

今シーズンは中盤までメガラティアスを軸とした受けサイクルを使用しレートに潜ってましたが1900前後で伸び悩み、前々からちょくちょく使用していたゲンガー入り詰めサイクルを使用することにしました。

 

以下常態

 

今回の構築の並び

f:id:poke_gu:20171110220807j:image

 

所謂受けループと言われる並びで特に変わった型などは採用していないが受けサイクルを崩してくるポケモンに対する誤魔化し要素を入れることで簡単には崩されないように意識した。

 

〈個別解説〉

ラッキー@しんかのきせき

f:id:poke_gu:20171110093132g:plain

特性:自然回復 性格:図太い

331(44)-×-62(252)-55(0)-152(212)-70(0)

地球投げ、毒々、卵産み、守る

HB:珠ゲッコウガの蹴手繰り最高乱数以外2耐え

よくいるラッキー。特殊全般の受けを担当するが悪巧み+Zなどで簡単に崩されるため今回は守るラッキーを採用してみた。守るがあることで毒+守るで受けサイクルを崩してくるようなポケモンを誤魔化せた。調整については正直珠蹴手繰りゲッコウガなどいないので更にHに振ってテテフのPF下サイコショックを2耐えするようにしたりBDに振り切ってしまう方が良いと思う。ステロを切ったことでとんボルチェンサイクルや釣りだしが面倒になったが使ってみたら守るの誤魔化し性能はかなり魅力的だった。

主な役割対象:特殊全般、低火力物理etc

 

エアームドゴツゴツメット

f:id:poke_gu:20171110094154g:plain

特性:頑丈 性格:腕白

171(244)-101(4)-211(252)-×-91(4)-91(4)

ドリルくちばし→アイアンヘッド、挑発、鉄壁、羽休め

物理受け担当だが環境にいるポケモンの多くが炎技をもっており、ほぼマンダ専用機となっていた。

ゴツゴツメットのスリップと頑丈が優秀なお陰で無理な物理に対して投げて毒と合わせて無理矢理処理をしたりしていた。挑発とクチートに投げやすい点は優秀だった。ウェポンは最終日までドリルくちばしで使用していたが挑発やショックを打ってくるテテフの処理速度を速めるためにアイアンヘッドに変更した。結果としてこの選択は正解だったが、ジャローダがより面倒になってしまったので一長一短だと感じた。

主な役割対象:ギャラドスボーマンダバンギラスミミッキュガブリアス、ガルーラ、マンムークチートetc

 

グライオン@毒々玉

f:id:poke_gu:20171110094828g:plain

特性:ポイズンヒール 性格:陽気

179(228)-115(0)-145(0)-×-102(52)-158(228)

地震、毒々、身代わり、守る

S:最速霊獣ランド抜き

個人的に一番信頼している速い毒みがグライオン。サイクルを崩してくる剣舞Zランドロスや蛍火電気Zデンジュモク、控えめ挑発サザン、穏やかメガラティアスに上から毒を入れて嵌めたり、裏に置くだけで安易なボルチェンを許さなかったり、身代わりと守るでフィールドを枯らしたりと優秀。困った時は大体こいつでどうにかしていた。遅いグロPガルーラにも毒を入れて身代わり守るで被害を抑えられる。ただし耐久は高くないのでガルドやドランに後出しするときは注意が必要。個人的に受けループ系統のグライオンは速い方がいいと思ってる。グライオンが好きでこういう構築を使ってる節があるので選出率もかなり高かった。

主な役割対象:ギルガルドヒードランランドロスデンジュモク、カプ・コケコ、(サザンドラ)、穏やかラティアス、炎タイプ、ジバコイルetc

 

ドヒドイデ@くろいヘドロ

f:id:poke_gu:20171110100146g:plain

特性:再生力 性格:図太い

157(252)-×-224(252)-73(0)-163(4)-55(0)

熱湯、毒々、黒い霧、自己再生

サイクルのクッション的な存在。再生力とタイプが非常に優秀。また重いバシャーモや炎物理を受けてもらう。呪いミミッキュはこいつとムドーの挑発やグライでどうにかしていた。技は毒ターンを稼いだり無理な相手に無理矢理毒を入れたりするために毒々をトーチカにしようか迷ったが交代際に毒を入れられることなどを考えて毒々のまま使っていた。無難に強かったが隙も見せやすいポケモンなので注意。

主な役割対象:パルシェンバシャーモ、炎タイプ、ミミッキュテッカグヤゲッコウガetc

 

バンギラス@ラムのみ

f:id:poke_gu:20171110101232g:plain

特性:砂起こし 性格:慎重

207(252)-161(52)-130(0)-×-160(204)-81(0)

しっぺ返し、追い打ち、吠える、眠る

A:砂ダメ2回+成功追い打ちでH252メガゲンガー高乱数1発

HD:無補正C252メガゲンガーの気合い玉確定耐え

追い打ち枠。ゲンガーに対して出ししっかりと処理をしてくれた偉い子だが気合い玉ゲンガーがそこそこな数いたのでもしかしたらAベトンとかでもいいかもしれない。技は身代わりで逃げられた時にガチャする吠えると入れたい技が無かったので眠るを採用。基本追い打ちかしっぺしか打たない。

主な役割対象:ゲンガー、カプ・テテフetc

 

ゲンガー@ゲンガナイト

f:id:poke_gu:20171110121931g:plain

特性:のろわれボディ→影踏み 性格:臆病

159(188)-×-80(0)-150(0)-104(68)-178(252)

シャドーボール、滅びの歌、道連れ、守る

HD:無振りメガゲンガーシャドーボールを14/16で耐え

構築全体での誤魔化し枠。S上昇技を持たない積みアタッカーを無理矢理持って行くメンヘラゲンガー。終盤に増えたオニゴーリを滅ぼす。(上から零度)(怪しい)追い討ち枠がいなければ受けサイクルミラーに強く、ミラーは殆ど負けなかった。最終日に勝てたのも半分くらいはこいつのお陰ではあるが、受けだしは難しいため、積極的に釣ったりしていた。

主な役割対象:オニゴーリカミツルギ、高速移動のない霊獣ボルトロスジャローダ、受けサイクル全般etc

 

〈選出等〉

基本的には相手の全ポケモンに対応出来るように出していく。

・ラッキー+グライオン+エアームド

 基本選出であり最もよくした選出。相手の崩し枠を見極めラッキーやグライで毒を入れ、守ると合わせて誤魔化す。ドヒドイデへの信頼のなさからバシャーモリザードンもよくコイツらを出していた。

 

バンギラス@2

ゲンガー入りに対してゲンガーが出てきそうなら出す。バンギラス以外は相手の他のメンツ次第だが誤魔化しの効きやすいグライオンはよく出していた気がする。

 

・ゲンガー@2

オニゴーリ入りやカミツルギ入り、受けサイクルミラーに対してよく選出。初手でゲンガーが守りながらメガ進化し剣舞や守る、身代わり等のタイミングでゲンガーを投げ1:1以上の交換を狙う。今期よくいたグライポリ2ドランの様な構築に対してはゲンガーでグライオンヒードランを持っていくことでグライムドーやラキグライで大体詰められる。

 

・ラッキー+ドヒドイデ@1

パルウルガの様な積みサイクル系統に対してドヒドイデで誤魔化す。テテフがいる事が多いのでスカーフを切ってゲンガーを投げたり、ラッキーとムドーを合わせて処理しに行くが印パルなどもありかなり厳しい。

 

〈辛いポケモン

 ・剣舞メガリザードンX…ラッキーかグライオンで何とか毒々を入れ、守るやムドーのゴツメ等を合わせながら頑張る、かなり厳しい

 

・悪巧みZ霊獣ボルトロス…ラッキー投げて毒を入れてからZに合わせて守って1:1交換を狙う。ラッキーを残さなければならないならゲンガーで上からの処理を狙う

 

カプ・テテフ…ショック持ちや挑発持ちがキツい。グライやラッキー対面なら守って技を見てラッキーかムドーに引き、フィールドを枯らすなどして頑張る。スカーフ以外ならちょっと削ってゲンガーで上から殴って倒せる。

 

カミツルギ…剣舞や聖剣等に合わせてゲンガーに引き、1:1を取りに行く。読まれて悪Zを打たれたら負け。

 

・印パルシェン…怯んで負け、無理。

 

オニゴーリ…祈りながらゲンガーを投げる。割と負ける。

 

〈最後に〉

SM環境最終シーズンということで一応目標としていた2050にはギリギリ届いたので素直に嬉しいです。ただ2000乗ったのがギリギリだったことや、構築に対する不安から更に上を目指して潜ることが出来なかったところで自分の弱さを感じたシーズンでした。受け構築に関しては上に行くほど既存の形での勝ちにくさを感じ、何か新しい形を考えることが必要だと感じました。新作ではもっと上を目指しながら、新しいポケモンやZ技が追加された新環境でも楽しんでポケモンバトルをしていけたらいいなと思います。最後に最終日に一緒にレートをしてくれた人達、レートでマッチングした皆さん、ありがとうございました。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。では。

 

↓以下最高レート時の画像

f:id:poke_gu:20171110125338j:plain

 

質問等ありましたら@poke_gu までお願いします。

 

【S3シングル使用構築】カビゴン軸積みサイクル 【最高2029】

シーズン3お疲れ様でした。

今回はシーズン3において中盤から終盤にかけて使用した構築の構築記事になります。

構築の軸自体にはそれなりの強さを感じましたが自分の実力不足から最高2029最終19××という結果に終わってしまい、悔しかったです。

 

以下常体

 

今回の構築の並び

f:id:poke_gu:20170516094211p:plain

 

〈構築経緯〉

 S2のさいくさんの構築記事(http://saikupoke.blog.fc2.com/blog-entry-45.html?sp)を読みのろいカビゴンの詰ませ性能に注目して構築を組み始めた。のろいカビゴン自体は起点に出来る範囲が非常に広い一方、搦め手に弱いためその辺りを意識しながら構築を組んだ。結果として積みサイクルのような形になった。

 

〈個別解説〉

ランドロスゴツゴツメット

f:id:poke_gu:20170516095449g:plain

特性:威嚇  性格:腕白

191(212)-167(12)-146(180)-×-102(12)-123(92)

地震、岩石封じ、とんぼ返り、ステルスロック

H:16n-1

S:準速パル抜き

ステロ撒き要因兼クッション役。S2で使ってたゴツメランドロスの流用。基本的にこいつでステロを撒いて裏のゲンガー、カミツルギフェローチェの抜き性能を上げる。初手に投げたり裏から投げて威嚇をいれつつゴツメやステロで相手を削るのが仕事。初手でどうしてもステロを撒きたい場面が多く、きあいの襷にしても良かった。努力値振りはHB特化でも良いと感じたが振り直すのが面倒だったのでそのまま使用していた。技は普通のゴツメランドだがポリ2や相手のカビゴンに対して刺さる毒々が欲しい場面もあったので試してみたい。

 

カビゴン@フィラの実

f:id:poke_gu:20170516094914g:plain

特性:食いしん坊  性格:意地っ張り 

254(148)-145(12)-117(252)-×-142(92)-51(4)

恩返し、炎のパンチ、のろい、リサイクル

 構築の軸。調整はこちらから拝借(http://p-q-poke.hatenablog.com/entry/2017/01/06/130647)

主にこいつで詰ませていくことを考えて選出、立ち回りをした。物理か特殊かによらず非常に広い範囲を起点に出来るため、適当に出してのろいを積んで勝ちな試合も多く、スペックの高さを感じた。被弾回数が多くなるため急所や追加効果で負けるのはご愛敬。技はメインウェポンの恩返し、ナットレイテッカグヤの処理速度を速くする炎のパンチで確定。ドランなどに対して地震が欲しい場面もあったが切る技が無くこの技構成で使っていた。絡めてには弱く、何も出来ないところも可愛い。

 

ゲンガー@メガストーン

f:id:poke_gu:20170516094843g:plain

特性:呪われボディ→影踏み  性格:臆病

149(108)-×-100-209(148)-115-200(252)

祟り目、ヘドロ爆弾、凍える風、鬼火

HB:鬼火込みA特化ミミッキュのZシャドクロ耐え

 構築単位で格闘タイプがキツいのでそれを無効にする枠。ランドロスでステロを撒いたり削りを入れたりした後の抜き性能も評価点。技はこの構築で催眠術を打つ場面があまり思い浮かばなかったのとコイツで鬼火を入れることで裏のカビゴンがより安全に起点に出来ると考え鬼火、相性の良い祟り目、メインウェポンのヘド爆までは確定。ラストは終盤に増えてきていたグライオンへの打点や構築全体で重い襷キノガッサに対面から勝てるように凍える風を採用した。これによってボーマンダ入りの構築に対して何度かイージーウィン出来たので正解だったと思う。雑に強く、現環境で非常に使いやすいと感じた。同速には全部勝ちましょう。

 

ヒードラン@食べ残し

f:id:poke_gu:20170516101918g:plain

特性:もらい火  性格:穏やか

197(244)-×-127(4)-152(12)-172(244)-98(4)

マグマストーム、大地の力、毒々、守る

カビゴンが苦手な毒々持ちや宿守テッカグヤに強く出られる駒として採用。個体は6世代にいた個体の流用。

構築全体でのエスパー技や炎技の一貫を切りつつスリップダメによって後続の圏内に入れる。またカビゴンの弱点である叩き落とすが採用されやすいクチートハッサムに対して強く出られたり、ミズZ以外のパルシェンを処理出来るなどで構築にはあっていると感じ、選出率自体はそれほど高くないが選出したときはしっかりと仕事をしてくれた。努力値振りなどは要検討。

 

カミツルギ@アクZ

f:id:poke_gu:20170516105903g:plain

特性:ビーストブースト  性格:陽気

149(116)-211(76)-152(4)-×-65(108)-170(204)

リーフブレード、聖なる剣、辻斬り、剣の舞

A:A+2アクZで特化クレセリアを確定

HD:C200のサイコフィールド下サイキネ確定耐え

    C4クレセリアの冷B×2+ゴツメ耐え

S:最速ガブリアス抜き

カバリザや受け回し、ガルクレセドラン等のサイクルパへの駒として採用。低速サイクルには滅法強く、簡単に3タテということが何度もあり、このポケモンの抜き性能の高さを感じた。一方で上から殴られることには弱く、メガゲンガーメガボーマンダなどがいるだけで出しづらかったので扱いは難しかった。

 

フェローチェ@カクトウZ

f:id:poke_gu:20170516111810g:plain

特性:ビーストブースト  性格:控えめ

147(4)-×-57-207(252)-57-203(252)

気合い玉、冷凍ビーム、目覚めるパワー(地面)、蝶の舞

レート最終日に急遽思いつき入れたポケモン。ここまででカバマンダカグヤなどの構築が重く、それらに強く出られる。紙耐久なので先制技やスカーフ持ちがつらいがそこを加味してもとても強かった。Z気合い玉の火力が凄かったり、C1段階上昇めざ地でASバシャーモやCSメガゲンガーをステロ込みで倒せたりと使ってて楽しいポケモンだった。しかし、止まりやすいポケモンでもあるので選出の時は注意が必要だと感じた。

 

〈基本選出〉

ランドロスカビゴン+(ゲンガー、カミツルギフェローチェから1体)

おそらく一番よくした選出、ランドロスでステロ撒きと削りを行い、ゲンガーで抜きつつ鬼火を入れながらカビゴンで詰める。

 ・ランドロス+ゲンガー+(カミツルギフェローチェから1体)

どれかが通せれば勝てるときや、受け回し構築に対してゲンガーで邪魔なポケモンを削ったり処理しながら裏を通す。

 ・ランドロス+ヒードラン+(他4体から1体)

ランドとドランでサイクルをしながら後ろで抜いたり詰めたりする。

 

〈最後に〉

 まあまあの勝率で2000まで乗せれただけにもっと潜って上を目指したかったですが、今回は自分でもそこそこ満足した構築が組めたので良かったです。最後に構築相談に乗ってくれた方、最終日に隣で一緒にレートをしてくれた戎崎君とぬまうお君、レートでマッチングした皆さんありがとうございました。来期はもっと上に行けるように頑張ります。

  ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

↓一応写真を貼っておきます。

f:id:poke_gu:20170516120544j:plain

 

質問等ありましたら@poke_gu までお願いします。

 

 

飛田新地で何も失わなかった話

f:id:poke_gu:20170503232854j:plain初めまして。GUです。

初めてのブログなので文章が拙いかも知れませんが、気持ちの整理のために書かせていただきます。読んでいただければ幸いです。
 
 ことの発端は4/25(火)、高校の同級生と風俗の話になり、今度ウィンドウショッピングに行くかと軽いノリから始まった。
早速、経験者である友達のオタクに連絡を取り、次行く時に一緒に行く約束をし、そして本日、実際に飛田新地に行ってきた。
 
 もちろん僕は拗らせ童貞オタクなので期待半分、不安半分という気持ちで飛田に到着。
経験者の友人は好みの子を見つけ、とっとと入っていってしまい、僕も「早く決めなければマズイ」という思いから必死に好みの子を探した。
 
 ここで僕はある異変に気付く。
 
ど の 女 の 子 も い ま い ち ピ ン と 来 な い
 
全く高まらない。このままでは勃つことすらままならない。焦る僕、その焦りがますます息子を萎えさせていく。
 前日にオタクが飛田で勃たなかったという話を読んでいた僕は歩きながらエロ漫画を検索。好みのものを見つけ、それを保存しながら胸の大きい子を見つけ、ようやく店に入る。
 
 嬢が「用意してくるから服を脱いで待ってて」と去っていき、服を脱いでみるとビックリ、息子は真冬かと思うくらいに縮こまっていた。これはさすがにマズイと思い、さっき保存したエロ漫画を見ながら嬢が来るまでひたすら自分の息子をシゴいた。しかし勃たない。
 
 絶望的な気持ちになりながら布団に寝転がり、タオルで息子を拭いてもらい、いよいよスタート。
 
 ゴムフェラが始まったが息子はいまいち勃たない。そもそも僕はフェラというものがそこまで好きではなく、エロゲやAVでもそういうシーンは飛ばしてしまう派なのだ。
 
 しかし、このままでは入れれないまま終わってしまうと思い全神経を息子に集中させる。これが""夜の一刀修羅""か……(落第騎士の英雄譚参照)この時点で息子は半勃ちくらい。まだ弱い。
 
 嬢も勃たないのを察してくれてるのかジュルジュル音を大きくしながらフェラしてくれる。全神経を集中させ、「これは気持ちいい、気持ちいい」と自己暗示をかける僕。
 
 その時は無慈悲にも唐突に訪れた。ヤバイと思った時にはもう遅かった。ビュルルルル、イッてしまった………。フル勃起でも無い、そこまでの快感も得てない状態で何故か出てしまい、唖然とする僕、訳が分からなかった。
 
 唖然とする僕、困惑する嬢、申し訳ない気持ちで一杯になった。その後、「初めてだったんで、ごめんなさい」と何回も謝りながら嬢と軽く談笑して店を出た。
 
 自分でも訳の分からない間に終わってしまい愕然とし、絶望した。あぁ…世の中こんなものなんだな…と無駄にスケールのデカイを考えながら僕の初めては風俗は終わった。"飛田に行って童貞を守り抜いた男"という新たな称号だけを獲得し、何も失うことはなかった。
 
 その後に行った串カツ屋は美味しかったです。
 
 ちなみにこの記事を帰りの電車で書いてたら乗り換えの駅を乗り過ごし、終電を逃しました。今は駅のホームで座り込んでます。
 
はぁ……何とかして帰れたらエロゲしよ……
 
ここまで読んで下さった方、ありがとうございます。
またいつか、リベンジをしたいと思います。
 
追記
ショックのあまり、GWの間中EDとなり無気力に過ごすことになりました。しばらくは行きたくないです。